zoom利用の注意喚起

 Zoom利用にあたっての注意喚起させていただきます。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、Zoomの利用が爆発的に増加しておりますが、その利用にあたって、相次ぐZoomにおける「暗号化に関する懸念」、「ビデオ会議に乱入されるZoom爆弾」、「パソコンの情報を不正に取得される脆弱性」、「ユーザデータの取り扱い脆弱性」などが指摘されております。

 だからと言って、Zoomを使わなければよいということではありません。ビデオ会議アプリケーションは、新型コロナウイルスの感染被害が拡大している状況下において、最新情報をリアルタイムに共有する方法として、テレワーク利用として、重要な位置づけにあると考えますし、その中のZoomは、他のビデオ会議アプリケーションと比べて、最も利用しやすいアプリケーションではないかと考えます。

 自動車運転やインターネット利用などは、いつも危険と隣り合わせです。だからと言って、利用しないということにはなりませんよね。Zoomも一緒です。

 それらの危険性を意識したZoom利用にあたって、最低限、次の対策を実施してみてはいかがでしょうか。

1.まずは、パソコンの情報を不正に取得される脆弱性対策として、Zoomが最新のバージョン「4.6.9 (19253.0401)」(2020年4月6日10時現在)となっているか確認します。Zoomを立ち上げた時、サインインの画面下に現状のバージョンが表示されます。古い場合は、早めに、バージョンアップするようにしてください。サインイン後、ホーム画面の右上のアイコンをクリックして、アップデートを確認することもできます。

2.Zoom利用ルールを決めましょう。議題の機密性や個人情報を含む資料の共有等をどのように扱う必要があるのかなど、あらかじめ決めておく必要があります。

3.Zoomで会議室を準備する際には、「Zoom爆弾」対策として、会議用URLにはパスワード設定(必須)と待機室を利用するようにする。パスワードは、英字や数字を組み合わせるようにしましょう。また、「ホストより前の参加者の参加を有効にする」のチェックを外しておきましょう。

4.会議室の招待に関しては、絶対、招待のURL、パスワード(必須)、ミーティングIDをそのまま、SNSでの送付するようなことはしないようにしましょう。

5.招待のURL、パスワード(必須)、ミーティングIDを、メールの本文にそのまま転記するのではなく、メモファイルやWordに貼り付け/保存し、そのファイルを圧縮(パスワード入り)して、メールに添付しましょう。その際、会議招待とファイル圧縮のパスワードは別にしておいた方がより安全です。

6.サインインの際、「次でのサインインを維持」のチェックを外し、毎回、IDとパスワードを入力するようにしましょう。また、会議が終わったら、必ず、サインアウトしましょう。サインインのパスワードは英字や数字を組み合わせ、なるべく桁数を多くして、定期的に変更しましょう。

 以上。いろいろと面倒かと思いますが、安全対策の一環として、実施することをお薦めします。

5Gとローカル5G

NTTドコモは、25日、国内で初めて第5世代(5G)移動通信システムを使ったスマートフォンサービスを始めた。KDDI(au)は26日、ソフトバンクは27日からの開始予定。ただし、エリアが限定されているので、東北の全域に普及するのは、まだ先の話だと思いますが・・・。

新聞記事によると、NTTドコモの5Gサービスは、当初29都道府県の空港や商業施設など150か所で使え、家庭で日常的に使えるようになるには数年先とありました。なんか、第二世代携帯電話と無線アクセスとの間の中間的な性能を持つPHSサービスの開始当初と似ていますね。20数年前、PHSサービスを展開するアステル東北に出向し、NTTパーソナルさんやDDIポケットさんと競争していた頃を懐かしく思います。

さて、5Gの「G」という言葉に違和感を持っているのは、私だけでしょうか。IT用語において、「G」と略される言葉が他にもいくつか存在します。混同しやすいのが、「5G(国際電気通信連合 無線通信部門規格の第5世代移動通信システム)」、「5GHz(電波の周波数帯)」、「5Gbyte(通信データ量やストレージ容量)」、「5Gbps(通信速度)」など。

同じ言葉のなかでも意味を混同しやすいのが、Gbyte(ギガバイト)。Gbyteは「通信データ量やストレージ容量の単位」で、特に混同されやすいのが「スマホのデータプラン」と「スマホのストレージ容量」。Gbyteは、GBと略されることが多く、いずれもGBと表現され、データプランとストレージ容量とが混同する人も多いのも事実であります。

また、5Gと4G(現在サービス提供されている移動通信システム)との違いは、

通信速度が20倍:これまでの世代より高い周波数帯を用いて、通信スピードをより高速にする。100倍という説もありますが、これは4G開始頃と比較した数字のようです。今のスピードと比べると20倍です。

同時接続できるデバイスが10倍:基地局1台から同時に接続できる端末を従来に比べて飛躍的に増やせる

通信の遅延は10分の1(無線通信方式の改良により、より低遅延な無線区間の通信も実現)

の三点です。

5Gは4Gよりも早い通信速度が期待でき、遅延なく多くのデバイスと通信できるようになるなど、より便利な通信環境が期待できるものでありますが、IT用語における5Gや5GBなど、現在では単位が省略されて使われることが多いため、前後の文脈から用語の意味を正しく理解しておかないと、自分の誤用だけでなく、周りの人にも誤解を与えることになりかねません。

テレビや新聞などの報道では、5Gの概念よりも通信速度を重視しているように見受けられるので、誤解を招くような報道にならないよう心配しております。

5Gの例示として、「自動運転」がありますが、これを実際に運用するのには、同時接続できるデバイス数や通信遅延の低減によってコントロールされるものの、これを実現するには、数多くの基地局を設置しなければならないのでは? と思ってしまいます。

PHSサービス開始当初、思ったよりエリアが狭い、思ったより音質がクリアでない、思ったよりも通話が途切れるなどのクレームがありました。このようなクレームが出ないことを祈ります。

PHSサービスの携帯端末は、会社内などにある自営交換機(PBX)と接続した子機としても利用されていますが、5Gについても、日本国内では、通信事業者だけでなく、様々なニーズに応じて主体が利用可能な「ローカル5G」という制度が新設されました。たとえば「工場の建物内で、工場内専用の5Gを利用する」といった構内専用線のような使い方が可能になるというもの。これも、PHSサービスと似ていますね。

製造業は、ニーズの多様化や需要の不透明化などを背景に、「変種変量生産」への対応を迫られております。変種変量生産の場合、ロボットを変更するよりも、「人手で生産してしまった方が早いことも多い」ということもあり、ローカル5Gは現場で働く“人”の能力を支援・拡張できるという点で、必要不可欠なサービスになると言われています。今後、WiFiからローカル5Gに移行する工場が増え、キャリアの展開する5Gに比べ、ローカル5Gの普及は早く、最大のマーケットとなりそうです。

ただし、PHS子機や無線LAN(WiFi)とは異なり、ローカル5Gは、免許割当が必要である他、電波発射には無線従事者免許証が必要であり、免許を受ける企業内に無線従事者を置く必要があります。

ローカル5Gを導入する場合、無線局の免許(電波法第4条)の申請が必要となります。免許申請については、常時受け付け、標準的な処理期間は約1ヶ月半かかるとのこと。

ローカル5Gの基地局を扱う無線従事者について、一般的には、第三級陸上特殊無線技士の資格者で対応できるようですが、空中線電力100Wを超える場合、第一級陸上特殊無線技士の資格が必要となります。

第1級陸上特殊無線技士は、特殊無線技士(多重無線設備)の名称が変わったもので、NTTや電力会社などが保有するマイクロ波無線や業務無線の無線従事者として必要なものです。私も、昭和54年に取得し、電力会社勤務時代、無線従事者として選任届を出していたこともあります。

ローカル5Gのマーケットが広がるのであれば、これまで、第一級陸上特殊無線技士の資格をアピールしておりませんでしたが、今後は大々的にアピールしていきたいと思います。

ITコーディネータ    ケース研修(盛岡/仙台)

盛岡コースは岩手県での初の開催

 弊社は、このたび、 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 からケース研修実施機関として認定され、2020年第1期として、盛岡/仙台コースを運営する運びとなりました。

 弊社社長は、ITコーディネータの発足当時からインストラクタの資格を取得し、札幌コース、青森コース、仙台コース、東京コースなどのインストラクタを担当してまいりました。2011年にインストラクタ制度が改正し、その際に必要だったインストラクタ資格更新は、東日本大震災の影響もあり、更新しておりませんでしたが、昨今、東北の企業は、IT経営化の支援が足りておらず、IT経営の専門性を保有するITコーディネータは必要ではないかとの声を受け、東北地域にITコーディネータを増やさないといけないという勝手な使命のもと、今回は、岩手県初となる盛岡市、東北の中心地域である仙台市での運営を企画いたしました。

 今回担当するインストラクタは、弊社社長・佐藤賢一と北海道の「戦略経営ネットワーク組合」代表理事の赤羽幸雄氏の二人で対応します。赤羽氏は、札幌学院大学の客員教授として、経営学部の学生に「ITコーディネート論」を教えるほか、北海道ITコーディネータ協議会の相談役、戦略経営ネットワーク協同組合の代表理事として、企業・団体・自治体などに「IT(IoT、AI、FinTechなど)の利活用」や「情報セキュリティ」、「事業継続計画(BCP)」などの講演・研修・コンサルティングの活動をしていますので、ケース研修の中で、実務的なことも指南できるものと思います。

特に、税理士/公認会計士、銀行員、経営指導員の方々にとっては、デジタル化における将来性についての取り組みを学ぶ良いきっかけになるものと思います。

是非、東北の企業を元気にするために、ITコーディネータ資格取得にチャレンジしてみませんか?

詳しくは、こちらを参照

https://www.itc.or.jp/authorize/training/

 

e-taxでの確定申告

今週、e-taxで確定申告を終えました。ICカードリーダライタの接続に手間取り、マイナンバーカードを作成した際のパスワードを思い出すのに、若干時間がかかりましたが、確定申告自体の入力は、とてもわかりやすくできていたので、すんなりといきました。これまでは、税務署に出向き、生命保険証明書や源泉徴収票などを添付して申告しておりましたが、e-taxの場合、添付は不要(ただし、5年間の保存要)なので、送信を終えれば、確定申告を受領していただいたことになります。これまで要していた税務署への移動時間などが短縮でき、税務署の窓口時間外でも申告できるので、とても便利です。なぜ、これが普及しないのか? 私なりに考えたところ、ICカードリーダライタを購入しなければならないこと、そして、接続設定しなければならないこと。ではないかな? ICカードリーダライタ自体、そんなに高い金額ではないので、是非、e-taxを普及するためには、ICカードリーダライタ無料配布ないしは購入助成があれば、かなり普及すると思うですが・・。また、確定申告の相談所は、いろいろな場所で開設されておりますが、そこで、ICカードリーダライタの販売や設定方法を教えるのも一つかと思います。

LINE公式アカウント プレミアムID「@Empowered」を取得

LINE公式アカウント プレミアムID @empoweredを取得しております。これまで、ホームページなどの更新を怠けておりましたが、これからは、ホームページを充実させるとともに、LINE公式アカウントにおいても、最新情報を提供していくこことしました。皆さん、LINEにて@empoweredを検索ないしはQRをスキャンして友達登録していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

※EMPOWEREDとは、 社会的な力をつける、権利を与えられる -などの意味を持っています。

京都大学EMBA講師助手

昨日、株式会社若山経営の若山社長(税理士/ITコーディネータ)の助手で、京都大学EMBAに参加。 午前は若山社長の講演から始まり、演習、発表と続きました。受講生の皆さんはとても熱心で、予定の時間をちょっと過ぎてしまいましたが、戦略ナビcloudの実践を通して、バランススコアカードの有効性を実感してもらったのではないかと思います。

IoTの活用

IoTとは、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことである。

我が社の社長は、私にIoTのセンサーを首輪に付けたがっている。俺の何を監視するのだろうか。

留守番している時の行動や動線を監視したいのかな?困ったもんだ。

どうせ付けられるのであれば、脈拍などを監視し、健康状態を把握してくれればいいのに。

それより、俺はアナログ猫なので、あまりかまわず、自由にさせてくれないかな。

社長に言っておくが、昼間いつも寝ているように思えるが、目をつぶっているだけで、いつも会社のことばかり考えていることを知っておいてほしい。

img_0063

東北の未来に向けて 新しいビジネスモデルを追及する