ITコーディネータ/ケース研修(仙台オンライン研修)の開催について

 第四次産業革命の到来によって、企業を取り巻く環境は大きく進化し、企業経営を支援する金融機関、中小企業支援機関、士業や経営コンサルタント等においても、IT経営に関する高いスキル/ノウハウが要求されています。

 ITコーディネータ育成のケース研修で学ぶ「IT経営推進プロセスガイドライン」は、経営戦略やIT戦略のフレームワーク等が体系的に整理され、ITコーディネータ共通の言語と言われるものでもあります。資格取得のケース研修ではありますが、ITコーディネータ資格取得という位置づけよりも個人のスキルアップの場として、価値のあるものでもあります。

 なお、今回は、ITコーディネータ/ケース研修初のZoomなどを活用したオンライン研修となりますので、全国各地の自宅や会社などからの参加が可能となります。また、ITコーディネータの資格を取得するための研修だけではなく、集合研修とは違い、Zoomやクラウドシステムを駆使したグループ演習も体験できることから、ITコーディネータ資格取得後、中小企業へのIT経営化を指南するためにも、貴重な体験を身に着けることもできるものと思います。

 是非、あなたもこの機会を利用して、オンラインでのケース研修にチャレンジしてみませんか。

【日 時】 仙台(平日コース) オンライン研修 6日間  

 1回目 7月 8日(水) 9時30分~18時00分 昼休みあり
 2回目 7月22日(水) 9時30分~18時00分 昼休みあり
 3回目 8月 5日(水) 9時30分~18時00分 昼休みあり
 4回目 8月19日(水) 9時30分~18時00分 昼休みあり
 5回目 9月 2日(水) 9時30分~18時00分 昼休みあり
 6回目 9月16日(水) 9時30分~18時00分 昼休みあり

【受講料】  220,000円(税込/1コース・名)

【定 員】  最大12名/最小4名

申込先】  NPO法人ITコーディネータ協会

【講 師】  

戦略経営ネットワーク協同組合 代表理事
有限会社マルチキャスト代表取締役
赤羽 幸雄
ITコーディネータ/インストラクタ、防災士

国立苫小牧工業高等専門学校 電気工学科卒NTT・NTTデータで、銀行システムや航空管制システムの企画・設計・開発、データ通信システムの品質監理業務、ITコンサルティング業務に従事した後、1988年に札幌にUターンし専門学校でIT技術者の育成に携わった後、「ITを経営の力にする」、「会社を強くする(強靭化支援)」専門家として、企業の経営支援に携わっています。現在は、札幌学院大学の客員教授として、経営学部の学生に「ITコーディネート論」を教えるほか、北海道ITコーディネータ協議会の相談役、戦略経営ネットワーク協同組合の代表理事として、企業・団体・自治体などに「IT(IoT、AI、FinTechなど)の利活用」や「個人情報保護」、「情報セキュリティ」、「事業継続計画(BCP)」などの講演・研修・コンサルティングの活動をしています。

株式会社アイティ経営コンサルティング 代表取締役社長
佐藤 賢一
ITコーディネータ/インストラクタ/公認システム監査人

国立仙台電波工業高等専門学校電波通信学科卒業、1980年4月 東北電力株式会社入社、情報通信部(電力通信の工事保守/ネットワーク戦略構築等)、関連事業部&経営管理部(新会社設立、合併、特別清算業務、通信事業会社への出向等)を経て、2002年2月同社早期退職、同年4月 株式会社アイティ経営コンサルティングを設立。独立後、経済産業省推進プロジェクト「東北IT経営応援隊」プロジェクトマネジャー、アドバイザー、経済産業省「戦略的情報化事例分析委員会」委員を歴任、ビジネスホテル業、物流業、建設業、卸小売業など中小企業のIT経営化を支援。最近では、SNS等を活用した販路拡大セミナーの講師、専門家派遣等を担当している。特に、中小企業におけるバランス・スコアカード(BSC)を基盤とした経営戦略策定とIT戦略企画立案を得意としています。